会社概要

Company
事業内容
大型スーパーマーケット16店舗、スーパーマーケット13店舗、
インストアベーカリー19店舗、
ショッピングセンター「コピオ」の経営
本部所在地
〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-351
本部電話番号
042-692-2111(代)
設立
1962(昭和37年)4月
資本金
7億2,443万円
代表取締役社長
松本 英男
従業員
正社員668名、パートナー・アルバイト1,381名(1日8時間換算)
売上高
563億円(2016.3)
事業所
八王子市:14店舗 日野市:3店舗 あきる野市:1店舗 町田市:1店舗 羽村市:1店舗
相模原市:4店舗 愛甲郡:1店舗 伊勢原市:1店舗 飯能市:2店舗 入間市:1店舗
加盟団体
オール日本スーパーマーケット協会・新日本スーパーマーケット協会

会社沿革

History

昭和25年、まだ戦後まもない頃創業したスーパーアルプスは、
企業理念である「私たちは豊かな食生活を支援し、地域社会に貢献します」を不変のものと信じ、
今までも、そしてこれからも地域のお客様のかけがえのない存在になれるように努力致します。
また時代の変化をしっかり感じ、お客様がストレスなく楽しく買物できる環境を整えてまいります。

1950年代

1950年(昭和25年)12月
昭島市において青果物販売店開業
創業当時の風景(1950)

1960年代

1962年(昭和37年)4月
有限会社「松本商店」設立
松本商店(1962)
1967年(昭和42年)7月
「有限会社スーパーアルプス」に社名変更
1967年(昭和42年)8月
昭島市拝島町にスーパーとして1号店拝島店開店
拝島店(1967)

1970年代

1970年(昭和45年)5月
2号店「長房店」開店
1973年(昭和48年)12月
3号店「中野店」開店
1975年(昭和50年)11月
4号店「西八王子店」開店
1976年(昭和51年)1月
本部移転 新所在地 八王子市散田東町
1976年(昭和51年)8月
「株式会社スーパーアルプス」に組織変更
1977年(昭和52年)11月
5号店「高倉店」開店
1979年(昭和54年)1月
オール日本スーパーマーケット協会へ加盟
1979年(昭和54年)4月
6号店「南平店」開店

1980年代

1982年(昭和57年)1月
資本金1億6000万円に増資
1982年(昭和57年)9月
本部移転 新所在地 八王子市椚田町
1982年(昭和57年)10月
8号店「はざま店」開店
1985年(昭和60年)9月
日本チェーンストア協会加盟
1986年(昭和61年)9月
9号店「恩方店」開店
1987年(昭和62年)3月
10号店「宇津木台店」開店
1991年(平成3年)10月
11号店「甲の原店」開店

1990年代

1992年(平成4年)5月
本部移転 新所在地 八王子市滝山町
滝山町 新本部(1992)
1993年(平成5年)4月
アルプス日配物流センター開設
1994年(平成6年)10月
CI導入、企業理念、経営方針の再構築、 コーポレートマーク変更
1994年(平成6年)12月
13号店「城山店」開店
1995年(平成7年)10月
14号店「日野店」開店
1995年(平成7年)12月
資本金5億1197.5万円に増資
1996年(平成8年)12月
グロサリー物流センター開設
1997年(平成9年)2月
16号店「愛川店」開店
1997年(平成9年)7月
17号店「台町店」開店
1997年(平成9年)9月
資本金6億1994.4万円に増資
1998年(平成10年)12月
18号店「あきる野店」開店
1999年(平成11年)4月
19号店「横川店」開店

2000年代

2000年(平成12年)2月
21号店「多摩境店」開店
2001年(平成13年)10月
FSP(ポイントカードシステム対応)の導入
2001年(平成13年)11月
八王子物流センター開設
22号店「塩田店」開店
2002年(平成14年)3月
アルプスポイントカード全店導入完了(FSP稼働)
ポイントカードの募集風景
2003年(平成15年)2月
23号店「豊田南店」開店
2003年(平成15年)3月
3号店「中野店」旧店の隣接地に移転オープン
2004年(平成16年)6月
24号店「飯能新光店」開店
2005年(平成17年)2月
26号店「入間下藤沢店」開店
2005年(平成17年)4月
27号店「陽光台店」開店
2005年(平成17年)7月
21号店「多摩境店」移転オープン
2006年(平成18年)3月
28号店「伊勢原下落合店」開店
2007年(平成19年)4月
29号店「北野店」開店
2007年(平成19年)9月
30号店「楢原店」開店

2010年代

2010年(平成22年)1月
05号店「高倉店」全面改装オープン
2010年(平成22年)2月
31号店「羽村店」開店
2010年(平成22年)7月
33号店「飯能美杉台店」開店
2010年(平成22年)11月
34号店「八王子駅南口店」開店
2013年(平成25年)4月
35号店「みなみ野店」開店
2015年(平成27年)3月
36号店「相模原インター店」開店
相模原インター店(2015)

決算公告

Public Notice
平成28年(2016年)第55期決算公告
平成28年4月1日から平成29年3月31日 貸借対照表・損益計算書
平成27年(2015年)第54期決算公告
平成27年4月1日から平成28年3月31日 貸借対照表・損益計算書
平成26年(2014年)第53期決算公告
平成26年4月1日から平成27年3月31日 貸借対照表・損益計算書

PDFをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無料で配布されています。

女性活躍の紹介

Women's participation in society

スーパーアルプスで活躍する女性社員をご紹介します。

バイヤー

お店では、食品やお菓子、家庭で使う消耗雑貨を担当するグロサリー部門のチーフをしておりましたが、現在ではカレー・パスタや冷凍食品、そしてアイスクリームなどの仕入をするバイヤーとして日々奮闘しています。気をつけていることは、いつでも女性の目線を外さない事、私自身の感性を活かしつつ、全体に貢献したいですね。

トレーナー

お店のチェッカーを経て、今は全店のレジ係りを指導するトレーナーとして日々店舗を巡回し、問題解決に努めています。
厳しい指導もしますし、レジ係りの相談事にも耳を傾けています。いつでもレジの皆さんのお手本になるような、素敵な女性でいたいですね!

日配チーフ・惣菜チーフ

私たちは同期入社です。同じお店で、それぞれ日配部門チーフ、惣菜部門チーフを任されています。大変ですが、日々奮闘しています。ねぇ聞いてくれますか?私達2人のお仕事で、年間約5億円の売上を稼ぎ出しているんですよ~すごいでしょう。女性にもこういうチャンスを与えてくれるアルプスで、2人で切磋琢磨しながら、これからも頑張ってていきます!

本部スタッフ

私は、アルプスの販売促進に携わっています。仕事の内容は、チラシの作成作業やクックパッドへの特売情報の配信などです。産休から復帰して、家庭では2人の子供の世話に追われていますが、同じ子育て世代のパートナーさんとも協力して、主婦目線を生かした仕事をしていきたいですね。

今日は何の日?

10月20日 この秋の和の鍋・洋の鍋。

お鍋の恋しい季節です。今年はどんなお鍋が人気でしょうか。スーパーアルプスの鍋調味料のコーナーでは、いろいろな味の鍋つゆを取り揃えました。スタンダードな寄せ鍋やキムチ鍋、ちゃんこ鍋、豆乳鍋。近年登場したトマト鍋、カレー鍋などの洋風鍋など。具材のおいしさが加わって、シメの麺や雑炊までおいしくいただけます。お好みの鍋つゆをお試しください。

TOPへ戻る
マヨネーズ
消費期限:1ヶ月

マヨネーズの主な原料は食用油、卵、酢、食塩などです。
開封後は激しい温度変化で分離したり、原料の食用油が空気に触れたりして酸化しやすい調味料ですので、冷蔵庫で保存するようにしましょう。また、その際には酸化が進まないように空気ができるだけ入らないような保存をするようにしたいですね。
スーパーアルプスで新しいマヨネーズを購入して開封した際にはこちらのタイマーで管理して是非、風味の良いうちにお召し上がりください!

×
ケチャップ
消費期限:1ヶ月

市販のケチャップ。意外にも添加物や保存料を使用していないものが多くあるのをご存知でしょうか?
ケチャップの主な原料はご存知の通りトマトを中心に、果物や酢、砂糖などが使われています。古来より、酢や塩、砂糖は保存期間を長くする調味料として知られていますが、それでもトマトをふんだんに使っているケチャップは開封後、冷蔵庫保存で1ヶ月程度を目安に使い切る事をおすすめします。

×
チューブ生姜
消費期限:1ヶ月

すりおろした生姜がチューブになっているものは、いつでも好きな量だけ使える、大変便利なアイテムですね。冷奴の薬味としてや豚の生姜焼きなど使えるシーンは数多くあります。元来、生姜は生薬にも利用され、天然の防腐剤とも言われますが、開封後は生姜の風味が損なわれやすいので、開封後は1ヶ月を目安にお使いください。

×
中濃・とんかつソース
消費期限:2ヶ月

中濃・とんかつソースは野菜や果実を原料につくられていますので、開封後は空気中の酵母菌や乳酸菌が入り込み、発酵が進むこともありますが、酸分や塩分の濃度が高い商品でもありますので、すぐに傷むことはありません。ただし、時間が経つにつれて風味が落ちてきますので、2ヶ月程度でお使いすることをおすすめします。

×
サラダドレッシング
消費期限:2ヶ月

近年の健康ブームでサラダドレッシングは、豊富な種類が販売されていますが、その多くは食用油を中心に作られたものが多く、開封後の酸化は気になるところです。中には野菜をきざんだものなど、腐敗しやすいものもありますので、開封後は1ヶ月をめどにお召し上がりください。スーパーアルプスでも豊富な種類のサラダドレッシングをご用意しておりますので、風味の損なわないうちに色々なサラダドレッシングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

×

タイマーをリセットしますか?